ブログやメルマガでは、「すごい」や「もっと」は禁止です


見込み客からお客様へ
「じぶん表現」でYESをもらう

じぶん表現力プロデューサー
高谷 茉由です

 

せっかくブログやメルマガをしているのならば、

相手に伝わる文章力を磨きませんか?

伝わりやすい文章力とは

先日、婚活ブログ・アメブロランキング1位を

獲得した菊乃さんから

「伝わりやすい文章力」について教えてもらいました。

 

私もライターではありますが

やはり雑誌とブログでは、大きく違うのだなと思いました。

 

 

菊乃さん曰く

 

伝わる文章は、

正しいことを語るよりも

ものごとの“程度”を伝えることだそうです。

 

 

 「程度」を伝えるとは

 

「“程度”をわかりやすく伝える」

どういうことって思いますよね。

 

 

例えば・・・

 

「今日、すっご〜く素敵な人に会いましたよ」

ついつい、使ってしまいがちなこのフレーズ。

 

菊乃さんは、

「すごく」「とても」「非常に」

といった言葉は、

人によって、捉え方が異なるし

どの程度なのか、わかりにくいと言います。

 

ではどうするのか・・・

 

この時

「今日は福山雅治さんくらい、素敵な人と出会いました」

いかがですか?

 

すごく=福山雅治さんくらい

ということですね。

 

福山雅治さんのファンかどうかは別として、

なるほど

福山雅治さんくらいの

超イケメンと出会ったんだなと伝わります。

 

 

もう一つ、例を出しましょう。

 

「起業は、とても難しい」

 

この文章から、

起業は、難しいということは伝わりますが、

それがどのくらい難しいかよくわかりません。

 

起業を目指している方に、これを伝えても

「そんなことは、わかってます」

ってなるのではないでしょうか。

 

一方で、この時

「起業は、オリンピックの選手になるくらい難しいものだ」

と言われたらいかがでしょうか?

 

「えっ、そんなに難しいの?」ってなります。

 

わかりやすい文章とは、伝え手と聞き手のギャップを埋めること

 

伝える側と、それを聞いた側には

捉え方にギャップが生じるのは、仕方ないことです。

 

置かれている立場も、状況も、これまでの経験も、

それから性格も、特技も、資質も

それぞれ違うのですから。

 

ということは、わかりやすく伝えるためには

聞き手とのギャップを埋める作業が必要

ということですね。

 

 ギャップを埋めるテクニック とは

 

聞き手とのギャップを埋めるには

こんなことに気をつけるといいですよ。

 

1、数字で伝える

「この方法だと、仕事の効率があがりますよ」

「この方法だと、2倍の仕事をこなす事ができますよ」

 

2、エピソードを盛り込む

「本当に大変な時期を過ごしました」

睡眠時間が3時間しかとれず

毎日、胃がキリキリするほど辛い時期でした」

 

3、比喩で例える

「起業は、とても難しい」

「起業は、オリンピック選手になるくらい難しい」

 

どうでしょうか?

相手にあなたの伝えたいことを、伝えきるためには

ギャップを埋めることを心がけましょう。

 

○●○━━【P R】━━━━●○●

売り込み不要!
断られて嫌な思いをしたくない”先生”のための

 「集めた見込み客から、
その場でYESをもらう
“スピード顧客獲得”必勝法」

 

★日時

  • 6月6日(土)13時半
  • 6月13日(土)13時半

各回とも、同じ内容です。

 

★場所

SO SPACE room-C

渋谷区千駄ヶ谷

 

★詳細はこちら

★お申し込みはこちら

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*☆.。.:*・°☆.。.:*・

この記事が”役に立った!” ”納得〜!”と思ったら、ぜひ「イイね!」にポチッとしてくださいね〜

無料メール講座はこちら
「お客様を自然に魅き寄せるワタシになれる!
マスコミも放っておけない「じぶん表現力」の磨き方」

じぶんPR・プロデューサー
高谷 茉由

HP:http://jibun-pr.com/
facebook:https://www.facebook.com/mayuka.takatani